Pocket

今回はきさらぎ賞2018の予想オッズと有力馬分析を中心とした記事になります。

ゆうです。

3歳馬の登竜門と位置づけされていることで知られているきさらぎ賞。

ここで好走する馬は春のクラシックでも一目置かれることになると思います。

今回のメンバーでは皐月賞馬アルアインの全弟であるダノンマジェスティが人気筆頭かと思われます。

確かに新馬戦の内容は良かったですし、アルアインの弟と言うだけでかなり人気してきそうですね。

皐月賞馬の弟に土をつける馬は果たしているのかどうか。楽しみな1戦となりそうです。

ここで雑談ですが私最近、麻雀を始めました!笑

だからなんだよ!と言った内容なんですが、初心者すぎてまったくわからりません…。

しかし早く上達しないとカモになってしまうので読者の方で麻雀が詳しい方は何からはじめたらいいかご教授願いたいです…。

メールかツイッターで連絡頂ければ…。

カモの私を助けてください!!!泣

私の悲痛な叫びはこのぐらいにしておきます。笑

もちろん麻雀よりも競馬が優先なのでしっかりと予想します!先週の回顧でも宣言したとおり2月は巻き返しの月なので!

では、本題に入っていきたいと思います。

【きさらぎ賞2018の予想オッズと有力馬分析】

予想オッズは以下の通りです。

人気 馬名 予想オッズ
1 ダノンマジェスティ 2.2
2 グローリーヴェイズ 3.1
3 カツジ 3.6
4 レッドレオン 11.0
5 サトノフェイバー 18.3
6 ノーブルカリナン 28.9
7 エポカドーロ 35.7

予想オッズでは人気馬でオッズが1桁代の馬は上位3頭のみですね。

この中でもダノンマジェスティは人気筆頭で間違いないでしょう。

果たして実質3頭立てとなるか、上位勢以外で勝てる馬はいるのか?

 

[有力馬分析]

●ダノンマジェスティ

新馬戦の内容は確かに圧倒的でした。さすがアルアインの全弟!といった感じでしたね。よれながらも突き放す内容は若さが見えますが強いの一言。上がりも秀逸でしたし、相手が強かったどうかは置いておいて人気も納得です。しかし鞍上の和田騎手は騎乗停止で乗れない。となると問題はここですね。誰を乗せるか。松若騎手にチャンスは回ってきそうですが…。果たしてテン乗りで大丈夫なのか?といった疑問があります。後は馬の状態ですね。3歳なのでここは見極めておきたいところです。

 

●グローリーヴェイズ

鞍上をデムーロ騎手に戻すのはプラスですね。どうしても外人騎手の方が日本人騎手より上手いのは確かです。しかしこの馬が好走できるかどうかはわかりません。この人気もデムーロ人気は少なからずあるでしょう。また1600mからの距離延長もプラスではないですね。それなら前走も1800mを使って欲しかったです。また新馬戦の相手が未だに未勝利止まりのところも少し引っかかりますね…。

 

●カツジ

前走のデイリー杯2歳Sではジャンダルムに負けましたが2着入選。フロンティアやケイアイノーテックを抑えての2着はかなり評価できます。しかし今回は休み明けかつ距離延長。ここはかなり難しいところです。1800mの実績がないのと休み明けで仕上げてくるのかどうか…。ここは叩きで春までにもう1戦使ってくる可能性もありますしね…。追い切りの内容が非常に大事でしょう。

 

●レッドレオン

新馬戦は人気に応えましたが、上がりタイムを他の馬と比べるとうーんと言った感じですね…。距離も延長ですし…。しかし馬場が稍重だったので良馬場ではどうなるか期待はしています。デムーロがこっちを選ばなかったので少し評価は落としますが…。

 

●サトノフェイバー

現在5番人気と意外と人気がないですね…。新馬戦の内容はかなり良かったと思います。直線ほぼ持ったままでしたしね。強い馬ですよ。距離短縮もいいですし。状態が良さそうでこの人気なら狙いたい馬の候補ですね。

 

【まとめ]

分析した5頭は当日他馬より人気してくると思います。上位5頭はほぼ確定かと。

しかしダノンマジェスティに逆らうかどうかですね…。正直強いですし…。

あとはデムーロ騎手が選んだグローリーヴェイズ。この馬が強いのかどうか試されますね。

正直3歳重賞なので難しいです。しかし自称2歳重賞得意なので3歳重賞もしっかり当てたいところ!!

その私が現段階で最も注目している馬がいます。

その馬は⇒人気ブログランキングへ

上記にも書いた通り新馬戦の内容はこちらも圧倒的だった。なめられた人気なら狙ってみたい。

 

今回の記事はこれで終了です。

 

※魔術師の競馬メルマガ

平場推奨馬平場の勝負レースはメルマガで配信することにしました!

完全無料でお届けしているので是非参考にしてみて下さい!

無料メルマガ⇒ こちらクリックで登録出来ます!