Pocket

今回はGⅠのスプリンターズステークスの舞台である

中山競馬場の芝1200m

の分析をしたいと思います!!!

 

 

と、その前に…。

前回のブログで予想した東京テレビ盃の結果報告から!

[東京テレビ盃の結果]

1着:アポロケンタッキー・・・◎

2着:サウンドトゥルー・・・・☆

3着:ケイティブレイブ・・・・〇

的中は的中なのですが馬単と3連複のみ…。

馬単は15.3倍ついてくれたのが何よりの救いです…。

個人的には本線の馬連をとても厚くいったのでガミりましたが…。泣

しかし平日に重賞があると仕事が手につきませんね(笑)17時ダッシュしました(笑)

できれば10月4日の東京盃は大井競馬場に現地参戦したいです!!

 

では中山競馬場の分析を始めたいと思います。

 

【中山競馬場1200m

引用:http://www.jra.go.jp/facilities/race/nakayama/course/index.html

 

 

立体図面と断面図から分析していきましょう。

1200mのスタートは向正面手前の坂の頂上部分からで3コーナーのカーブは緩く、坂を下って4コーナーから約300mの短い直線、ラストは中山名物の急勾配を駆け上がりゴール。

坂を一気下って4コーナーから直線にはいるため、4コーナーで外に振られることがあるのでロスになる。最内をロスなく回った馬が有利か。

また1200mの距離で更に直線が短いため、先行馬が有利。しかしオーバーペースだと坂で垂れて差し馬が届く場合がある。

 

以上の点をまとめると、中山競馬場1200mは

●比較的内枠有利(特に1枠)

●先行有利

●急勾配があるのでオーバーぺースに注意

 

この3点は抑えておきたい。

後は馬場と展開次第と思う。

展開は枠順確定後、馬場は9/30に分析したい。

 

秋競馬のGⅠ初戦!!ここは何としてでも取りたいですね!!

今のところ100%信頼できる馬もいないですし。高配当もあるかも。

 

最後に私が今、目をつけている穴馬は・・・。

ラインミーティア

スノードラゴン(重馬場)です

必須条件は馬場がフラット。メンツでは先行馬が多い。

この2点をクリアしていればこの2頭の末脚は一発あるのでは!??

有力馬をアッと言わせる力は持ってますね。

後は枠順確定後に見解を書きたいと思います!!!

 

ぜひ、今回の記事を予想の参考にしてください!!

それではまた!!!!