Pocket

今回の記事はチャンピオンズカップ2017の舞台でもある中京競馬場のダート1800mのコース分析を中心とした記事になります。

チャンピオンズカップの舞台である中京競馬場。

この競馬場ってどんな競馬場か皆さんご存知ですか?

例えば東京競馬場は直線が長いコースで馬の能力差がでやすいコース。

阪神競馬場は直線に設置されてある心臓破りの坂が名物ですよね?切れ味というよりもタフ差が求められるコース。

なら中京競馬場は??

さぁ、分析していきましょう。

【中京競馬場を分析して中京巧者を見つけ出せ】

中京競馬場の立体図です。

これみただけでわかりますかね???

断面図を見たらわかりやすいと思います。

わかりますかね???

この直線の部分…。ありますね…。心臓破りの坂が…。

そうです。中京競馬場は

切れ味勝負より持続する脚をもった馬の方が有利な形態の競馬場です。

ならチャンピオンズカップで求められるものは??

圧倒的タフさです。

このレースでは脚質は若干先行有利なのは皆さんご存知かと思います。

しかし、ただ先行有利だけだったら誰でも予想できますよ…。

しかし今回は中京競馬場ですよ?心臓破りの坂があるんですよ?

それならタフさ+先行脚質の馬は重視しないと!!

また展開次第では中団からの差しも届くので要チェックです。

そこで肝心なのは過去に坂のあるコースで好走しているかどうか。

これ結構重要する点ですよね。

結構トリッキーなコースってリピーターが多いイメージがあります。

急坂のあるコースと言えば

中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場ぐらいですかね?

となれば上記のコースでの好走率が高い馬は最低抑えていた方がいいと思います。

一頭ずつ見てみますか…。

【各競馬場別成績】

馬名 中京競馬場 阪神競馬場 中山競馬場
コパノリッキー (1-0-0-3) (0-0-0-1) (1-0-0-1)
ケイティブレイブ  (0-0-0-1)  (1-1-1-0)  (0-1-1-0)
 ミツバ  (0-0-0-1)  (4-3-1-4)  (0-0-0-1)
 ノンコノユメ  (0-1-0-1)  (0-0-0-0)  (1-1-0-1)
 メイショウスミトモ  (0-0-0-1)  (2-0-4-4)  (1-0-1-9)
 モルトベーネ  (0-1-0-3)  (2-0-1-3)  (0-0-0-0)
 ロンドンタウン  (0-0-0-3)  (0-1-0-0)  (1-0-0-3)
 グレンツェント  (1-0-0-0)  (0-0-0-1)  (3-1-0-0)
 ゴールドドリーム  (0-0-0-1)  (1-0-0-0)  (0-0-0-0)
 キングズガード  (1-1-2-0)  (5-5-1-0)  (0-0-0-0)
 アウォーディー  (2-3-0-1)  (3-0-0-3)  (0-0-1-0)
 カフジテイク  (0-2-1-2)  (1-0-0-3)  (0-0-0-1)
 テイエムジンソク  (0-0-0-0)  (1-1-2-2)  (0-0-0-0)
 サウンドトゥルー  (2-0-1-0)  (0-1-0-1)  (1-1-3-0)
 アポロケンタッキー  (0-0-0-1)  (2-0-1-1)  (1-0-0-0)
 ローズプリンスダム  (0-0-0-0)  (0-0-0-0)  (1-1-0-1)

距離は置いといてこれで軽視できないのは赤文字の3頭でしょう。

特に注目している馬は人気ブログランキングへ

成績からしてタフで坂のあるコースは合っているのは間違いない。だが距離で嫌われてかそこまで人気も出なさそうですよね。しかし前走のみやこSではしっかり3着入選しているし、今回は展開的にはテイエムジンソクに引っ張られてペースも若干早くなりそうな予感…。そうなると差しも届くので一発ありそうですね!!

あとは人気ですがアウォーディーとサウンドトゥルーは抑えておかないといけない2頭でしょう。

以上です。これ結構盲点だと思います!!