Pocket

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2017の出走馬の最終追切の分析を中心とした記事になります。

 

こんばんは。ゆうです。

木曜日の終わりやっと金曜日ですね!!!

金曜日は17時ダッシュして、お酒を飲みたいところですか…。

枠順も確定して予想も最終段階に突入するのでお酒を飲んでいるどころではありません!!(笑)

平場も気になる馬いますし、東スポ杯は正直馬券的妙味はなさそう…。

3連単数点買いぐらいしか利益出せそうにないですよね(笑)

そのためにもしっかり最終追切を分析して、絞りたいと思います!!

枠順は7頭立てなので有利不利はないでしょう。

では最終追切分析に入っていきます。

【東スポ2歳ステークス2017の最終追切分析】

●カフジバンガード

坂路(53.9/39.3/25.7/12.5)馬なり?

動きは悪くないですね。ラストはしっかり12.5でまとめているし状態面も悪くなさそう。ハービンジャー産駒なので道悪にも対応できそうだし、雨予報なのでここは3着ならいけそうなのでは!?

 

●ケワロス

CW(59.4/43.9/13.8)馬なり

タイムがね…。見劣りする…。やはり厳しそうだが…。

 

●コスモイグナーツ

坂路(51.3/37.6/25.2/12.9)馬なり

美浦の坂路で51秒代なら好時計ですね。状態も悪くなさそう。しかし出走馬分析でも書いた通り前走は経済コースをうまく通り、ロスのない競馬をしたのと馬場が向いたことによる勝利。展開がハマればおもしろいが今回はハマりそうにない。好時計を出しているだけに判断が難しい。

 

●ゴールドギア

W(66.5/51.7/38.1/13.3)馬なり

アフターバーナーを追走して先着。しかも好時計ですか…。いいですね。66.5は自己ベストと状態はかなり良さそう。ロードカナロア産駒で楽しみな血統でもあるし、ワグネリアンには勝てなくてもルーカスにはどうかな?

 

●シャルルマーニュ

坂路(53.9/38.5/26.0/13.4)馬なり

軽めの最終でした。前走は不良馬場でのレースだったしこのくらいでも充分かと。良馬場での走りを見たいのですが雨予報なのでね…。残念。武豊騎手から戸崎騎手への乗り替わりをつつかれそうだが普通にうまいので大丈夫でしょう。リーディング上位の維持を見せて欲しい。3着にはきそうな一頭。

 

●ルーカス

W(53.1/38.0/13.1)馬なり

いい動きですね。ムーア騎手も馬の感触を確かめるために乗ってそうだし。モーリスの弟ということも合って期待したいですね。不安要素とすれば良馬場以外ではどうなのかというところでしょう。

 

●ワグネリアン

坂路(54.5/40.0/26.1/12.7)馬なり

最終は軽めで終了。状態の悪くはなさそうです。何より勝利したレース内容がメンバーの中では圧巻。重馬場でも上がり33.0を叩き出しているし不良馬場にならない限りは鉄板レベルでしょう。単勝オッズ2.0倍ぐらいならぶち込んでもいいレベルですね(笑)おそらく1倍代になりそうだが。鞍上がへぐらなければ1着は固そう。

 

 

【まとめ】

やはりワグネリアンとルーカス。この二頭の叩き合いとなるのか…。

能力だけならこのレースではワグネリアンが勝つと思うが鞍上の差がね…。

ムーアですからね…。怖い。

ここはワグネリアンとルーカスの1.2着固定で3着の馬を探すレースとなりそう。

馬券的妙味は全然なさそうですが(笑)3連単で20倍つけば買いたいかなといったところです。

人気ブログランキングでは最終追切分析後、もっとも3着に入選する可能性がある馬を公開中!!!

人気ブログランキング

血統面よし、最終追切も悪くない。雨ならもっとも期待できる一頭。

 

以上です!!

では金曜日を乗り越えて週末は競馬を楽しみましょう!