Pocket

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想オッズと有力馬分析を中心とした記事になります。

皆さんお疲れ様です。ゆうです。

今週末のGⅠは牝馬2歳限定戦の阪神ジュベナイルフィリーズが阪神競馬場で開催されますね!!

今年はロックディスタウンが人気筆頭になってきそうですよね。それ次いで重賞で好走しているコーディエライトやベルーガが人気していそうです。

皆さんは2歳戦の重賞の時はどの要素を重視していますか?

馬の2歳って人間にしたらどのくらいなんでしょう…。中学生ぐらい??

中学生ぐらいならもう何が起こってもおかしくないですよね??そりゃ圧倒的に強いだろとわかる馬なら勝利しそうですが2.3着は穴馬が絡んできてもおかしくない。

もちろんメンバーによるところはありますが…。

そこで重要になってくるところは???

ずばり!馬の状態でしょう。

馬場傾向等もありますが状態はいつも以上に重視します!

状態がわかりやすいのは追切の内容!!タイムがいいともちろん期待度は上がりますよね!

馬体とかも見ますがそれは基本経験値足りていませんので…。(ただいまパドック見るようにして相馬眼育成中です)

なので皆さんも最終追切の内容はいつも以上に重視してみてはいかがでしょうか。

なので今回は分析をして最終追切が終わり次第、全頭の追切分析の記事をアップしたいと思います!!

では、本題に入ってきたいと思います!

【阪神JF2017の予想オッズ】

予想オッズは以下の通りです。

人気 馬名 予想オッズ
1 ロックディスタウン 2.2
2 ラッキーライラック 3.9
3 ベルーガ 5.8
4 コーディエライト 10.0
5 ソシアルクラブ 10.2

ロックディスタウンはやはり1番人気ですか…。

おそらく当日も1番人気でしょう。

ラッキーライラックが2番人気…。これ過剰人気じゃないですか??

理由は後ほど…。

ベルーガも乗り替わりだし…。ロックディスタウン以外の人気馬は大丈夫?

というのが今の印象です。

 

【有力馬分析】

●ロックディスタウン

前走の札幌2歳Sではお世話になりました(笑)これメンバー決して弱くないですよ?ファストアプローチは次走の芙蓉Sで好走してますしダブルシャープはクローバー賞でタワーオブロンドンに勝利。そんな馬に勝っているのでこの馬の能力は最上位でしょう。鞍上も乗り継ぎでルメール騎手だし勝ち負け現時点では勝ち負けでしょう。しかし不安なのは約3ヶ月の休み明けでのレース。そこさえクリアできれば逆らえないでしょう。

 

●ラッキーライラック

この馬そんなに強いですか?前走は確かに1着でしたが馬場が向きましたよね?逃げたサヤカチャンが2着に粘りこんでいるのがその証拠。馬場が前残りなら好勝負できると思いますが、どうにも展開や馬場次第としか思えません。それが2番人気か…。

 

●ベルーガ

前走の内容は強かったですね。外から末脚一閃!!豪脚でしたね。スローペスであの脚を繰り出せるのは素晴らしいです。問題は200mの距離延長がどう響くかですが…。急坂がありますしね。前走は仕上がっていたし今回の状態はどうか…。注意しておきたいですね。

 

●コーディエライト

ハナに立てれば強いですね。しかし今回はサヤカチャンがハナを奪いにくると思うので自分の競馬ができるかどうか怪しいところ。あと距離も200m延長が持つかどうか…。ペースが上がれば差し馬の餌食になりそう。展開と馬場次第ですね。

 

●ソシアルクラブ

この馬が5番人気ですか…。1戦しかしてないので何とも言えないですね。新馬戦で勝ったゴルトキルシュは次走5着。パッとしないですね…。変に人気してくるなら軽視したいです。

 

【まとめ】

ロックディスタウンとベルーガ以外はなんとも言えないです…。

現時点では過剰人気と捉えています。

他の人気馬を狙うなら穴馬を狙いたいところ。

現時点で狙ってみたい穴馬がいます!

その馬は… 人気ブログランキングへ

前走はスタート行き脚がつかなかったが、終わってみれば1着。ミュージアムヒルやナラトゥリスも決して弱い馬ではないし、内容も良かった。鞍上の最近の重賞成績は不振だが相手がロックディスタウンとベルーガだけなら一発あってもおかしくはないかと。

 

今回の記事はこれで終了です。

最終追切が待ち遠しいですね…。個人的には爆荒れ注意のカペラSも楽しみです!