Pocket

今回はジャパンカップ2018の競馬予想(アーモンドアイとスワーヴリチャード徹底分析)を中心とした記事になります

ゆうです。

今年のジャパンカップはアーモンドアイ1強のムードが流れていますが、この条件下で単勝1倍代想定の馬にぶち込める自信は私にはありません。

それならスワーヴリチャードにぶち込みたいレベルです(笑)

なぜ私がそこまでスワーヴリチャードを推すのか。それは単にこの馬が好きなわけではありません。

だってアーモンドアイも好きですからね(笑)

大事なのは狙いどころです。好走のタイミングで買うべき馬を買う。

天皇賞・秋はレイデオロは買い時すぎました。あの馬があの条件で単勝オッズ3倍で買えることはもうないでしょう。

しかし口で何とでも言えます。なのでこの2頭をしっかりと分析して狙えるのかどうか吟味しようではありませんか!!

では本題に入っていきます。

※今週の重賞予想

ジャパンカップ2018の過去データ分析と出走予定馬分析

京阪杯2018の過去データ分析と出走予定馬分析

スポンサーリンク







【ジャパンカップ2018の競馬予想】

[アーモンドアイ徹底分析]

~血統~

父:ロードカナロア

母:フサイチパンドラ

ロードカナロア産駒なんですが、母のフサイチパンドラのいい部分も引き継いでいます。なのでロードカナロア産駒でも中距離をこなせています。反則ですね(笑)しかし2400mがベストではないと現段階では思っています。

 

~競争成績~

文句なしの三冠牝馬です。

桜花賞と秋華賞は後方一気。オークスは馬場傾向からいつもより前につけて直線では逃げるリリーノーブルを捉えました。ラッキーライラックが伸び悩んでいるところを見るとやはりこの馬は規格外の強さでしたね。どれも強い勝ち方。強いのは間違いない。

 

~見解~

平成最後にとんでもない牝馬が現れましたね。恐らく日本の現役牝馬の中でもトップを争う強さだと思います。しかし果たして怪物なのか?あの三冠牝馬のジェンティルドンナもジャパンカップを勝っていますがその後は必ずしも勝っているわけではありません。皆さんご存知のキタサンブラックも負けることはあります。なので競馬に絶対はないということです。

しかし今回アーモンドアイは3歳牝馬なので斤量53キロと反則級の斤量で出走してきます。

そして秋華賞を叩きに使ってからのジャパンカップ。状態も万全でしょう。

余裕残しの秋華賞であの走りですからね。末恐ろしいです。

強いのは確かに強い。そこは確かです。しかし付け入るスキはあると私は思っています。

それは古馬との初対戦及び東京2400mという舞台設定!

アーモンドアイが2400mをこなせるのは承知です。しかし牝馬クラシックは結局は牝馬限定でしかないんですよ。ましてや3歳牝馬。

その馬が古馬と初対戦で総合力が試される東京2400mで勝ち切れるのか?それはオッズ1倍代でも妙味あるぐらいなのか?ということを言いたいです。

何度も言いますが、強いのはわかっています。わかっていますが皆さんに考えて頂きたいのはオッズに見合う程の信頼度があるのかということです。このオッズなら狙うは単勝か頭固定しかないでしょう。複勝とか言っている予想家がいるならそれは予想ではありませんからね(笑)

私的には今の現状、この馬から頭で買ったときのリスクと妙味が釣り合っていないと思っているのであまり買いたくないといったところが本音です。

またこの馬の走り方は飛ぶように走ります。まさにラビットみたいに。なので内枠はマイナスですね。ほしいのは中枠から外枠。馬群を縫う走りではなく外から気持ちよく差せる位置取りが理想かと。

アーモンドアイの見解ではなく競馬的な話が主になってしまいましたね…。申し訳ございません。

 

 

 

[スワーヴリチャードの徹底分析]

~血統~

父:ハーツクライ

母:ピラミマ

皆さんご存知だと思いますが、ハーツクライ産駒は4~5歳にかけて爆発的に成長します。遅咲きのハーツクライ産駒とでも言いますか。実際あのシュヴァルグランも古馬になって開花しました。この馬も例外ではありません。むしろ成長途上だと思いますよ。まだまだ成長するはず!

 

~競争成績~

無類のサウスポーですね。この馬の去年までの課題は手前を替えれるかどうかでした。しかし有馬記念では手前を替えれず内に刺さって斜行してしまいましたね。しかし大阪杯では成長していました。かなり強い勝ち方。しかしやはり左周りの方がいいと陣営は判断したのか安田記念へ。ここでも適正距離ではないのに3着と健闘。

問題は天皇賞・秋ですね。馬体は仕上がっていませんでした。もちろん余裕残しだったのでしょう。その馬がスタートでマカヒキにタックルされ後方から。道中は捲りたいけど外を閉められ捲れず。そして直線ではスタートの影響で馬に戦意は残されておらず反応なし。デムーロ騎手も早々に追うのを辞めました。この10着は本当に仕方がないです。

 

~見解~

この馬はサウスポーで左周りが大得意です。そして中距離2000~2400mが最も合っています。

そしてジャパンカップに向けて天皇賞・秋を叩きに使いました。

左周り、東京競馬場2400m、叩き2走目とこの馬を狙う条件は揃いました。

総合力の問われる東京2400m。この馬にとっては適正舞台すぎます。スワーヴリチャードは切れる脚はないです。この馬の持ち味は先行してスタミナ勝負に持ち込むこと。そして今回はメンツ的にドスローの瞬発力勝負にはならないでしょう。そうなると展開はこの馬に向いていますよね。切れ脚勝負になればアーモンドアイには敵わないですからね(笑)

それが現在単勝オッズ4倍代。もし4倍代なら私からしたら超絶美味しいオッズです。。

実際、天皇賞・秋はパドックを見ても緩かったです。この馬が完璧に仕上がってきたらもっとトモがパンパンになってきます。その点を比べるとあの時のレイデオロは完璧でしたね(笑)

現代では外厩の発達により休み明けでも仕上がってくる馬はたくさんいます。しかしそれでも叩き良化型の馬はいます。要は狙い時ですよね。何度も言いますが狙うべき時に大きく張れるかどうかでしょう。

この馬は一度叩いてよくなってくることは間違いないでしょう。

不安材料と言えばメンタル面ですね。もしマカヒキが出てきていたら怖がっていたかもしれません。しかし今回は出走してこないということでこのも自分の力を発揮できるでしょう。

スワーヴリチャードが内枠に配置されたらもう悶絶ですね。更に馬場傾向次第では鉄板級だと思います。

この馬で勝負するか考えている方。狙うならここだと思います。私自身もその一人なので。

 

 

 

【まとめ】

見解3割、私の意見7割みたいになってしまいました(笑)

申し訳ございません。あくまで私の見解です。

もしアーモンドアイ本命の方!勝負ですね!(笑)

スワーヴリチャード本命の方!スワーヴリチャードを信じてぶち込みますか!(笑)

分析して更に楽しみになってきました。25日が待ち遠しいですね。

最後に2400mで持ちタイムを気にしている方、私はまったく気にしていません。

マイルチャンピオンシップで例えるとエアスピネルの持ちタイムはかなり良かったですよ。それでも負けています。要は展開と馬場傾向なんですよ!!(言いたいだけ)

もし参考になったら下のブログランキングをポッチて頂けたら幸いです。


中央競馬ランキング

ではまた別の記事で!!

 

※魔術師の競馬メルマガ

平場推奨馬平場の勝負レースはメルマガで配信することにしました!

完全無料でお届けしているので是非参考にしてみて下さい!

無料メルマガ⇒ こちらクリックで登録出来ます!

 

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,329,300円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。。。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万オーバーの馬券…。

下記のような結果を毎週のように出しているのだから驚きです・・・。

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!こちらから▼