Pocket

今回は函館スプリントステークス2019の競馬予想(函館競馬場の特徴)を中心とした記事になります。

ゆうです。

夏競馬の名物とローカル開催です。

今週末からの函館開催を皮切りに…福島、中京、小倉などローカル開催が目白押しのシーズンに入ってきます。

しかしローカルローカル言いますがどのような競馬場ってご存知ですか?

東京は直線が長い!阪神は急坂ある!など各競馬場には特徴がございます。

もちろんローカル競馬場にも特徴はありますよ。

今回は函館競馬場について解説していきます。そこからこの舞台に合っている馬を探していたいと思います!

では本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク







【函館スプリントステークス2019の競馬予想】

[函館競馬場とは?]

綺麗ですね~。JRAの会場ってどこもきれいなのはなぜなのでしょうか…(笑)

函館競馬場は中央競馬場の中で最も歴史が古い競馬場らしいですよ。一度は言ってみたいものです…。

札幌競馬場とは別物ですよ!!函館競馬場ですからね。間違えないように…。私は初心者の時よく間違えていました(笑)

 

[函館競馬場の特徴]

特徴は3つございます。この3つを抑えれば大丈夫でしょう。

1.直線が短い

断面図を見たらわかりやすいのでご覧下さい。

芝の直線は262m、ダートの直線は260mと中央競馬場の中で最も直線が短いです。

参考までに東京競馬場の直線は525mです。半分ですよ半分…。ということは差し、追い込みが届くのは馬場と展開の助けがないと厳しいかも。

 

2.洋芝が使用されている

これが使用されているのは函館競馬場と札幌競馬場だけです。日本芝(野芝)は丈夫ですが洋芝はデリケートです。なのですぐに傷みやすい…。なので他の競馬場と比べて早く時計がかかる馬場になってしまいます。馬場状態はしっかりとチェックした方がいいでしょう。そして洋芝の方が走る馬もいます。洋芝適性が高い馬は時に穴をあけることもあります。函館、札幌で好走している馬は要チェックです。

 

3.高低差がかなりある

最低地点の最高地点との差は3.5mあります。これはローカル競馬場の中では最高値。小回りの舞台でこの高低差…意外とタフなコースです。ちなみに3~4コーナーのアップダウンが激しい京都競馬場外回りの高低差は4.3mです。

函館スプリントステークスのコースは1200mです。断面図を見ればわかりますが、1200mはスタートから約800m上り坂です。飛ばし過ぎると先行勢は直線で脚が上がってしまうかも。

 

 

 

[このコースに最も合っていそうな馬]

上記の点を踏まえ私はデアレガーロを推していましたがまさか回避とは…。ティーハーフも回避で頭数は現時点で13頭…。少頭数と言っても過言ではありません。というか少頭数です(笑)

少頭数で逃げ馬不在となれば展開は落ち着きそう。行った行ったで決まってもおかしくはないですよ。

先行でき、函館実績もあり、1200mで輝けるとなれば…あの馬しかいませんね。

その馬は人気ブログランキングへ

この馬しかいないな~。仕方がないけど…。

 

特徴は3つで充分だと思いますが、更に詳しく知りたい方はJRAの函館競馬場のホームページをご覧ください。

 

※魔術師の競馬メルマガ

平場推奨馬平場の勝負レースはメルマガで配信することにしました!

完全無料でお届けしているので是非参考にしてみて下さい!

無料メルマガ⇒ こちらクリックで登録出来ます!

 

~PR:完全現場主義!?トレセンの生情報をお届け!~

レープロは競馬サイトでは珍しい「トレセンの情報」を随時届けてくれるサイト!

しかもその情報を元に厳選された2鞍の予想を無料でゲットできると太っ腹すぎるサイトです!

無料で厳選された予想を2鞍もゲットできるのはレープロだけ!!

メールアドレスを入力して無料登録するだけでゲットできので試してみては!!??

無料登録はこちら