Pocket

今回はJBC2019の競馬予想(浦和競馬場の特徴と出走予定馬分析)を中心とした記事になります。

ゆうです。

今週末は中央重賞4つ+JBC3競走+メルボルンカップ()と盛りだくさん過ぎる週末となっています。

多忙ですが、しっかりと予想して全て的中できるように頑張りたいと思います!

さて今回はJBCの競馬予想記事ですが、今年は浦和競馬場が舞台となっています。これまた癖のある競馬場が舞台となりましたね…。

この舞台故にメンバーも去年よりは劣っているように見えますが、妙味もありそうなので狙えそうな穴馬がいれば積極的に狙っていきたいと思います。

では本題に入っていきましょう。

▼LINE@では「平場で最も自信のある馬」を配信中!▼

有馬記念終了時にLINE@配信馬の単勝回収率が100%を超えていない場合は自腹で10万円分のプレゼント企画をします。自分を追い込んで配信しますので半端な予想は配信しません。サラリーマンに10万円は痛いよ~!!(笑)

スポンサーリンク







【JBC2019の競馬予想】

[浦和競馬場の特徴]

  • JBCクラシック(距離2000m)
  • JBCスプリント(距離1400m)
  • JBCレディスクラシック(距離1400m)

浦和競馬所の特徴は一言で表すと「小回り」ですね。1周が約1200mです。直線が約200mしかないため、差し・追込脚質の馬はあまり期待ができない。となると当然、逃げ・先行脚質が有利。

差し・追い込み馬は3~4コーナーでスパートかけてくるでしょう。しかし加速しながらコーナーを曲がるのはかなり技術が必要です。技術がないと外に膨れてしまいますから…。

小回り適性があり、逃げ・先行脚質の馬を狙うのがセオリー通りでしょう。地方馬でも浦和が得意な馬は抑えておいた方がいいかもしれません。穴を空けるかも…。

 

 

[JBCクラシック2019の競馬予想]

~出走予定馬分析~

●アンデスクイーン

ブリターズゴールドC→レディスプレリュードと地方重賞2連勝を果たし、満を持してのJBCクラシックへ挑戦ですね。今回レディスクラシックの距離が1400mなのでこっちを選んだのでしょう。先行もでき控えることもできると操縦性に優れた馬です。小回りが合っているかといわれると微妙なところですが、それ以上に牡馬相手にどこまでやれるかでしょう。今のところ勝ち切れるイメージは沸かないですが…。

 

●チュウワウィザード

最有力でしょう。船橋競馬場で開催されたダイオライト記念を勝ち切っていますし、その後の競馬っぷりを見る限りこの馬で仕方がない気がします。休み明けなのでメイチはここではなくチャンピオンズカップでしょうが、舞台も合うでしょうし、先行したらまず飛ばないかと…。重視しなければいけない馬でしょう。

 

●オメガパフューム

帝王賞は見事な差し切りでした。しかし明らかなメイチでしたし鞍上はレーン騎手だったのでそこまで驚くことではないですね。以前も話したと思いますが、この馬は左回りが合っていません。右回りで狙うべき馬です。しかし今回は地方馬も出走してくるので3着に能力だけで持ってくるかもしれませんね。まぁメイチはチャンピオンズカップでしょうし小回りは合っていないので消したいレベルですが。

 

●ロードゴラッソ

前走は展開がドンピシャにハマったにしろアングライフェンに競り勝ったのは強かったですね。ダートに変えてから好走が目立っていますし、浦和の舞台ならワンチャンスありそうですね。マーキュリーカップは中途半端な競馬だっただけで小回り自体は合っていると思います。先行すれば勝負になるでしょう。

 

 

[JBCスプリント2019の競馬予想]

~出走予定馬分析~

●コパノキッキング

前走最内枠から逃げ切って勝利。スタート先手を取ると直線も脚を伸ばして勝利と競馬の幅が広がりましたね。今回も逃げるでしょう。逃げの一手を取ることは浦和競馬場ではかなり有利。問題は距離ですね。1400mは正直ギリギリでしょう。根岸ステークスを勝ち切ったのはレーン騎手の腕があってのことです。藤田菜七子騎手は脚を持たせることができるかどうか…。

 

●サクセスエナジー

テレ玉杯は斤量が響いたのでしょう。前走は積極策で粘り切りました。浦和では実績もありますし今回の舞台設定は合っているでしょう。問題は枠ですね。内過ぎるとスタートを必ず決めないといけないので中枠ぐらいが理想です。先行しないと終了ですね。

 

●ファンタジスト

まさかのダートですか。初ダートで浦和競馬場はちょっと厳しいのではないでしょうか。もう少し芝で頑張れると思うんですが…。砂を被らない外枠がいいですね。そうでなければ即消しで…。

 

●ノブワイルド

地方の大将格はこの馬でしょう。前走はワイドファラオ、ヤマニンアンプリメ相手に余裕の逃げ切り。浦和競馬場は確実に合っていますね。今回もハナを切れればそのまま~まであり得ます。コパノキッキングは距離的にも競ってはこないでしょうからね…。人気するのは仕方がないですが、今回も中央勢には一矢報いれるかも。

 

 

[JBDレディスクラシック2019の競馬予想]

~出走予定馬分析~

●ゴールドクイーン

ハナを取れれば本当に強い馬です。特に前走は牝馬ながら57キロを背負って逃げ切り。2着馬に5馬身差ですからね。今回もハナを切れれば逃げ切りまであり得ますね。出走予定馬を見る限り枠次第ではハナを取れると思いますけどね。小回りも合っていますし有力でしょう。

 

●ファッショニスタ

過去馬券圏外になったのは2レースのみです。抜群過ぎる安定力が持ち味ですね。前走はアンデスクイーンに負けましたが大野騎手は最低限の仕事をしました。今回は前走よりも状態を上げてくるでしょうし川崎で勝ち切っていることから小回りも問題なさそうです。普通に有力。

 

●ヤマニンアンプリメ

本格化しましたのは確かです。地方交流場では近5走全て馬券圏内です。1200~1400mなら大きく崩れることは考えにくいですね。今回鞍上が武豊騎手です。岩田騎手は長年のパートナーであるレッツゴードンキに乗るからでしょう。鞍上弱化ではないですし、ここも展開次第では好勝負かと。

 

●ラビットラン

前走は長期休み明けで馬体重+30キロと明らかに余裕残しの仕上がりでした。それでも3着に入選したのはこの馬の地力を感じましたね。まともなら勝ち負けまであったと思います。しかし今回はこの馬にとっては酷な舞台ですね。小回りかつ直線距離200mとこの馬の末脚を発揮できる舞台ではありません。イチかバチかの先行策ならチャンスはあると思いますが…。デムーロ騎手次第ですね。

 

 

 

【まとめ】

今年のJBCシリーズは浦和競馬場が合うかどうか。これに尽きます。去年は京都競馬場だったので能力の馬が台頭していましたが、今年は全く舞台が違います。

適性はいつも以上に重視すべきでしょう。

今回はJBCシリーズの中で最も狙ってみたい馬を人気ブログランキングで公開します。

その馬は人気ブログランキングへ

この舞台なら大チャンスですね!頑張って欲しいです。

 

※魔術師の競馬メルマガ

平場推奨馬平場の勝負レースはメルマガで配信することにしました!

完全無料でお届けしているので是非参考にしてみて下さい!

無料メルマガ⇒ こちらクリックで登録出来ます!

 

【栄光のGLORIAがメルボルンカップに参戦!!】

全てのお客様に「栄光」を掴んで頂く為に「GLORIA」と名付けられた競馬予想サイト。

今、多数の競馬予想サイトで溢れ返っていますがその中でも「本物の価値ある情報」

これをモットーに

本物の人材を確保
独自のデータマイニング
メディアでは取り扱わない情報

で本格予想!その結果・・・!

リピーター率90%越え!

そして驚きの高配当を毎週の様に連発しています!

今週はなんと「みやこS&メルボルンカップ」を無料予想!

これはもう登録するしかない!登録はこちらから!