Pocket

今回はNHKマイルカップ2021の最終予想記事となります。

ゆうです。

混戦模様のNHKマイルカップ。メンバーはかなり面白いですが、ここは内目の枠なら本命にすると決めていたグレナディアガーズから。

相手は少しだけ捻る予定ですが、今年は堅い決着でも不思議ではない

では本題に入っていきましょう。

▼LINE@では「平場で最も自信のある馬」を配信中!▼


スポンサーリンク

NHKマイルカップ2021の最終予想

 レース展望

展開が非常に重要になってくる。逃げそうな馬が数頭いるのでペースが流れそうなのは確か。しかし問題はバスラットレオンが絶好枠に配置されたこと。これによってスタート五分でも二の脚が早いので先手を主張してくる可能性がかなり高くなった。主張してくるバスラットレオンに対してルクーズネストとピクシーナイトが競りかけるか否か。

私は競りかけないと思う。幸騎手と福永騎手が直線が長い東京競馬場で自滅レベルするわけがない。恐らくバスラットレオンにプレッシャーをかけながら競馬をするでしょう。もちろん川田騎手も同じ。

となればペースはミドルペースくらいになるかなと。土曜日は1400~1600mのレースで勝ち切ったのは先行馬だけ。比較的先行有利の馬場なら去年のような前に行った2頭がワンツーで3着に差してきた馬が絡むといった結果になる可能性の方が高いと予想。馬券もそのように組みたい。

 

 

最終予想

自信度:★★☆☆☆

◎:グレナディアガーズ(8)

ハイペースの朝日杯を押し切って勝ったのは驚いた。また前走もハイペースで好位から粘り切って2着。叩きとしても負け方は最高の形だった。枠も良くこのオッズで買えるならよだれが出る。懸念されるのはスローペースからの瞬発力勝負だったがメンバー構成的にその心配はない。現3歳のマイル部門はこの馬が一枚抜けているでしょう。

 

〇:バスラットレオン(4)

朝日杯では先行して4着と能力はあった。その後、逃げることで能力を120%発揮できるようになった。今回は2枠4番と絶好過ぎる枠。とにかく逃げろと指示があるはずです。藤岡佑介騎手にとってもこれはチャンスでしょう。後は後ろからのプレッシャーに耐えきれば。

 

▲:ルクーズネスト(3)

前走は主張する馬がいなく、スタートからいきっぷりが良かったので逃げてみたら粘り切れたといった感じだった。それでもハイペースから最後グレナディアガーズを差し返した根性は素晴らしい。シンザン記念の時は差して来たが先行してからの粘りがこの馬の持ち味でしょう。グレナディアガーズを負かした馬がシュネルマイスターより人気になっていないとは…。

 

▲:ピクシーナイト(18)

スタートが上手い馬なので大外枠からでもある程度は位置を取れるでしょう。近走は逃げている馬だが控えても差し脚を伸ばせる馬。今回中団前目につけさえすれば直線見せ場を作れるはず。叩き2走目で良化しているのは間違いないので期待したい。

 

☆:タイムトゥヘブン(7)

前走は1600mに対応できないと思っていたがそんなことはなかった。むしろ大外枠から良く2着に来た。予想以上の結果だった。今回、枠は良い。人気馬をマークできる位置を取れるでしょう。進路も人気馬が抜け出したところを通れれば尚良い。正直こんなに人気がないとは…。デムーロ騎手はこのレース得意なので侮れない。

 

△:1.5.12.15